【結論Mac】プログラミング初心者に最適なパソコンの選び方【AI研究者より】

AIを作って稼ぐ
ワタシナガタ

データサイエンス・機械学習・深層学習の研究者(修士)ですが、Pythonで開発したAIから得られる不労所得で生きてます。本サイトは【未経験でもAIを開発】を手助けします。

>>管理人プロフィール・理念はこちら<<

ワタシナガタをフォローする
<strong>プログラミングを始めたい人</strong>
プログラミングを始めたい人

AIや機械学習に興味あるし、僕もプログラミングやデータサイエンスを学びたいなぁ。使うパソコンは今持ってるパソコンでいいの?

それとも新しいパソコンを買う必要があるのかな?

僕自身、データサイエンス・機械学習・深層学習を用いた研究者として活動しています。

それに伴い、現在パソコンを3台所有し、その全てがプログラミング用(主にPython)のパソコンとなっています。

ですので、立場上、パソコンを選ぶ機会は多いです。。

今回は、そんな僕自身の経験に基づいたデータサイエンス・プログラミング初心者のためのパソコンの選び方を解説します。

本記事の目標

データサイエンス初心者におすすめなパソコンを紹介する

データサイエンティストを目指すならパソコンのスペックより画面の数

エンジニアとして活動するなら別ですが、データサイエンティストとして活動するならパソコンのスペックよりも画面の数の方がかなり重要になってきます。

データサイエンティストはデータの表やグラフを眺めることが多いですから、どうしてもデュアルモニター、多い人だとトリプルモニターが必要になってきます。

僕の自宅では、13inchiのMacBook Airに32インチのパソコンを繋いでデュアルモニターとして使っています。

研究室では、トリプルモニターにして使用してます。

もしパソコンの購入を検討しているなら、パソコンの表面的なスペックだけじゃなくてモニターの数にも目を向けてみてください。

プログラミング用のパソコンは最悪家にあるやつでもいい

プログラミングをやったことないと「スペックが高いパソコンを用意する必要があるのかな」と考えがちですが、僕の経験から言うとプログラミングにはそこまでスペックの高いパソコンは必要ありません

もし、今そこそこ使えているノートパソコンを持っているならそのパソコンで十分です。

スペックは気にする必要はありません。そのパソコンでプログラミング学習を進めていきましょう。

プログラミング学習の進め方は「【2020年最新】データサイエンティスト完全初心者のための学習ロードマップ【基本無料】」を参考にしてください。

新しくパソコンを用意した方がいいのは、次のどれかに当てはまる人です。

・5年以上前に購入したパソコンを使っている
・パソコンを持ってはいるが、よくフリーズしたり勝手に再起動したりする。
・今のパソコンを気に入っておらず、買い替えを検討してる。

五年以上前に発売されたパソコンはパーツが古すぎて当時ハイスペックだったモデルでも、現在発売されているロースペックパソコンにすら勝てません。

よくフリーズしたり勝手に再起動したりするパソコンは論外です。ネットサーフィンならギリギリできるかもしれませんが、プログラミングはできません。

プログラミングパソコンの選び方:①デスクトップじゃなくてノートパソコンを購入する

最近ではノートパソコンの性能はかなり向上していて、一般的なプログラミングならノートパソコンが最適です。

もちろん僕もメインで使っているパソコンはノートパソコンです。

デスクトップのメリットは、自前で高性能なGPUを使いたい時くらいなので、初学者のうちは気にしなくて大丈夫です。

プログラミングパソコンの選び方:②MacかWindowsか

一番最初に選ぶべきなのは「MacかWindows、どちらのパソコンを選ぶべきか」です。

正直に答えますと、MacかWindowsかは本当にどちらでも良いです。使えるプログラミング言語も差がないと言いて良いレベルですし、ここは予算との相談だと思います。

僕の答えは「12万用意できるならMac、できないならWindowsです。」

できることならMacがよい

12万円用意できるなら、僕は迷わず「MacBook Air2019の下位モデル13インチを買え!」と言います。

コスパの良い投資になると思います。

12万用意できなくても、月5000円の利子なし分割払い24回で購入できる制度もAppleにはあるので、こちらを利用されるのもおすすめです。もし仮に僕が今からパソコンを買うならそうします。

Proである必要はありません。Macで一番安いモデル(MacBook Air 13inchi)で十分です。

理由は、次の通り。

・プログラミングという面においてはMacの方がパソコンとして優れている

・WindowsよりMacの方が業界のスタンダードになっていること

・パソコン自体が同価格帯のWindowsパソコンより使いやすく、プログラミングが身につきやすい

・壊れにくい

たまに

Macはブランド代が入っているから、同じ値段ならWindowsの方がスペックがいいんでしょ?

と勘違いしている人がいますが、全くの間違いです。

何故こんな間違いが生まれてしまうかというと、ほとんどの人はプログラミングをする目的でパソコンを選ばないから。

パソコンを使う目的が、ネットサーフィンでたまにExcelやWordを使うくらいなら僕でもWindowsを買います。

Macのメリットはプログラミングをする人じゃないと実感できないんです。

実際に、僕のメインのノートパソコンもMacBook Air13インチ。

ぼくの研究室の同僚も全員MacBook Airを使っています。

特にプログラミングを学ぶ上で「みんなと同じデバイスを使う」というのはかなり重要なポイントです。

プログラミング業界のスタンダードはMacなので、わからないことを検索した時に出るのは、Macでの解決法が多いですし、使いやすさはピカイチです。

僕も実際にMacとWindows両方のパソコンを使っていますが、Windowsは謎のエラーなどが出て修正法がわからず諦めるということが多々あります。

ですので、MacBook Airをメインとして使っています。

節約したいならWindowsのパソコンでもプログラミングはできます

たまに「Windowsのパソコンでもプログラミングできますか?」と聞かれますが、正しい選び方をすれば問題なしです。

むしろ、「12万だせなくてプログラミング学習をあきらめる」より100倍マシ。

12万円もパソコンに使いたくないなら、Windowsのノートパソコンでも大丈夫。僕もサブでWindowsのパソコンを持ってます。

お金を使いたくないなら、僕でもWindowsのノートパソコンを最初に買うと思います。

唯一気をつけるとしたら、Windowsを買うなら一番安いモデル、かつ不要なアプリがプリインストールされていないものを買います。

例えば、マウスの一番安いモデルとか

ただ、アプリのインストールや、いわゆる環境構築などプログラミング学習以外の部分の学習コストはおそらく多くなります。

ですので、やっぱりおすすめはMacですね。

プログラミングパソコンの選び方:③cpuやSSDのスペックは結構低スペックでよい

上の方でも少し触れましたが、プログラミング用のパソコンを選ぶ上で一番重要なのが「MacかWindowsか」なので、パソコンのスペックはそこまで重要ではありません。

他のサイトだと、「core i7が~」とか「メモリは最低~GB以上」と書かれてますが、正直一番安いモデルで十分ですよ。

一昔前なら、ある程度スペックが良いパソコンじゃないと動作不良などが起きていましたが、技術が進歩した今じゃそんなことなかなか起きません。

むしろ「余計なアプリがプリインストールされていない」とか「新品である」とかのほうが、よっぽど動作には影響するので、とりあえずプログラミングをはじめるだけなら一番安いやつで十分です。

唯一気にするとしたら「メモリ」だけ

それでも「どうしてもスペックが気になる!」というなら、メモリだけは気にしておいた方がいいかもしれません。

メモリのスペックは、パソコンの操作性、つまり「サクサク操作できるか」に直結する部分です。

これだけは他の機能で代用できるわけではないので、ここは拘ってもいいかもしれません。

僕が使っているMacBook Airのメモリは16GBですが、最低でも4GB、できれば8GBはほしいです。

そこまで値段も変わらないですし。

ちなみにMacBook Airなら最低スペックでも8GBなのでそれで十分ですね。

プログラミングパソコンの選び方でプログラミング学習の効率は結構変わります

上記で色々紹介しましたが、正直パソコンは起動さえすれば何でもいいです。

しかし、学習している最中にプログラミング学習以外のポイント(アプリのインストールとか)でエラーが出ると、めちゃめちゃうざくて学習効率が下がるのも事実です。

そのせいでプログラミング学習を諦める人も多く見てきました。

本気でプログラミングを習得する気なら、上記のポイントをしっかりと理解して、正しいパソコンを購入しましょう。