大学生におすすめ!TOEICの資格勉強のおすすめの参考書5選と選び方

f:id:tarosukenoblog:20171012142632p:plain

こんばんは、大学でTOEICテストを受けることになったタイムです。

 

この記事を見ているあなたはTOEICテストを受けることを考えていると思います。

僕も大学でTOEIC Listening & Reading Testを受ける事になったので、復習も兼ねてTOEICの勉強についてをまとめてみます。

 

高スコアをたたき出した友人の意見も参考にしているので、今回の記事を参考にしてもらえば、ある程度のスコアは取れると思います!

留学や成績でTOEICを受ける人も多いと思うので是非参考にしてください。

[outline]

大学生がTOEICの勉強をするなら

大学生がTOEICの勉強をするなら「AmazonStudent」というサービスがおすすめです。

参考書を買ったり、英語の勉強をする時にめちゃめちゃお得になりますよ!

月159円で

  • 本読み放題
  • 映画を好きな時に見放題
  • Amazonの送料が無料
  • 本が10%オフで買える

こんなにお得なサービスが大学生の間限定で受けられます。

大学生の今だけですので、是非利用してください!

➡︎大学生が絶対得するサービス「AmazonStudent」について解説する

 TOEICで高得点を取るには

f:id:tarosukenoblog:20171008000508j:plain

TOEICテストはリスニングパート(part1〜4)・リーディングパート(part5〜7)の2パートに分かれてます。(それぞれ100問、合計200問)

ですから高得点を取るには両パートをそれぞれ勉強する必要があります。

参考書の選び方

いざ参考書を買おうと思うと、あまりに数が多すぎて困ってしまいますよね・・・

僕も初めて本屋で参考書を探そうとした時びっくりしました笑

まずは、TOEIC参考書の選ぶ時のポイントからお話ししたいと思います。

単語帳、パート別対策参考書、模試形式問題集の3種類の参考書を用意する

TOEICの勉強をしようとした時、主に三段階に分かれます。

  1. 最初は単語をある程度暗記する
  2. 単語を覚えたら、リーディングパート、リスニングパート別にそれぞれ形式になれるように勉強する。
  3. 本番に備えてもし形式の勉強をする。

こんな感じで、それぞれ勉強法が違うので、それぞれの段階にあった参考書を揃える必要があります。

自分が目指すレベルに沿った参考種をえらぶ

一口に「TOEIC勉強」と言っても、

900点を目指す人500点を目指す人じゃするべき勉強法も参考書も違います。

 

まずは自分が目指す特典を明確にしましょう!

おすすめ単語帳

f:id:tarosukenoblog:20171008000550j:plain

TOEICテストで高得点を取る際には、まず単語帳は欠かせません。

僕が塾で教えている高校生の子は単語帳をある程度仕上げただけでセンター英語の得点が1.5倍程度に上がりました。

これはTOEICテストでも同様で、TOEICスコアは単語量に比例して上がっていくと言っても過言ではないんですね。

僕の1番はおすすめはこの単語帳です。

TOEICテストの単語帳といったら、やっぱりこれ。『金のフレーズ』単語帳

この単語帳に載っている単語は作者が実際に80回以上TOEICテストを受験後、出た単語を書き留めた本当に出題経験のある単語しか載ってないんです。

実際僕も使っているので、TOEICテストを受験しようとしてる方でTOEICテスト用の単語帳を持っていない方はこれさえあれば十分です。

僕の周りの人もよく使っています。

 

金のフレーズ』単語帳は需要があるので、メルカリでも中古品が高値で取引高値で取引されていますね。

購入して、もし使わなくってもメルカリで売れば大丈夫です笑

出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TOEICテストで800点以上を目指す方は滅多に出題されないような難易度の高い単語を知っておく必要があります。

キクタンTOEIC TEST SCORE 990』には難問級の単語がたくさん掲載されています。

これ一冊をマスターすれば安定して900点以上を出すことができるはずです。

リーディングパート

f:id:tarosukenoblog:20171008000409j:plain

リーディングパートでは短い制限時間で正確に文章を読む力を付ける必要があります。

このシリーズは専門用語が少なく、平易な言葉で説明がされているのが特徴です。

『世界一わかりやすいTOEICテスト』シリーズでは範囲をTOEICに必要な箇所に絞っているため、初心者はこれ1冊である程度の点数は取れるはずです。

TOEIC初心者に嬉しい、読者目線で書かれた1冊だと思います。

最初に手を出すにはうってつけです。

世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法) 世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part 7 読解)

リスニングパート

f:id:tarosukenoblog:20171012142033p:plain

リスニングパートはリーディングパートに比べて勉強しづらく、得点をあげにくいパートです。

参考書をしっかり選び、正確に学ぶ事が重要です。

リーディングパートと同様にリスニングパートでも『世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part 1‐4 リスニング)』がおすすめです。

他の参考書は、受験者が英語の発音を聴き取れる前提での対策が多いので、理解はできても実践に生かせないことが多いです。

『世界一わかりやすいTOEICテスト』では聴き取りのコツからはじまり、対策が丁寧に解説されてます。

新形式問題対応 改訂版 CD2枚付 世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part 1‐4 リスニング)

TOEIC模試形式の参考書

TOEICテスト本番はとにかく時間が足りないです。

本番同様の時間配分で模試を勉強することが必須になります。

模試対策の勉強には、なんと公式から問題集が出ています。

結局公式に勝る模試参考書はないので、公式のものがオススメですね。

TOEICテスト対策は参考書選びが大事

f:id:tarosukenoblog:20171008000821j:plain

今回は僕の体験と友達に聞いたおすすめの参考書をいろいろ交えてTOEICテストおすすめ参考書をまとめてみました!

結論としては、

TOEICテストを意識している人は

単語帳は『金のフレーズ単語帳

パート別参考書は『世界一分かりやすい シリーズ

もし形式の参考書は『公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 3

を買っとけって感じですかね。

 

勉強を始めるのに遅すぎることはありません

今日からでも始めましょう!!